トップページ

合気道開祖

 

齋藤守弘先生

 


齋藤仁平先生

 

 

合気道
合気道は開祖植芝盛平翁が日本伝統の武術の奥義を究め、厳しい精神的修業をへて武術から合気道へと発展させた武道です。 合気道はいたずらに力を競わず、心身を鍛錬し、至誠の人を作るのを目的としています。また、開祖は「剣の理合い」を体に現したものが合気道の動きであると言われています。
合気道開祖
合気道創始者(開祖)である植芝盛平翁は和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(現田辺市)
出身で、幼いころから武道に励み大東流合気柔術を始め日本古来の武術を究め、
戦後茨城県岩間の地で合気道を完成されました。 この完成された技が「武産
合気道」と呼ばれています。  合気道開祖合気神社合気神社
合気神社は戦時中、合気道開祖によって茨城県岩間町吉岡に建立され、世界で唯一
の合気道の神社です。この神社は、 須佐之男大神を始め四十三柱の大神様が祀られ
おり、合気道開祖植芝盛平翁が昭和10年代に厳しい修行を重ね、合気神社を創建
したところで、合気道を完成させた地とされています。  毎年4月29日に合気大祭が行われます。
合気道技術書「武道」
技術書「武道」は合気道開祖植芝盛平翁が昭和13年に唯一出版された合気道の技術書です。
この技術書に記載されている技は茨城県岩間に残された合気道の技と全く同じ技が掲載されています。
また、合気道の「練習上の心得」及び武道奥義についても掲載されています。
齋藤守弘師範
故齋藤守弘師範は合気道開祖植芝盛平翁の高弟であり、開祖に23年間お仕えし、岩間に残された
開祖直伝の合気道(技・形)を伝承され、 合氣神社及び合氣修練道場(茨城道場)を
お護りされていた合気会で最も長く開祖にお仕えされた師範で、開祖から武器稽古
を受けることのできた数少ない弟子の一人であり、また本部道場での剣・杖の教授
を許された唯一の師範で、日本及び海外で幅広く合気道を指導されていました。
平成11年~平成13年まで大阪で講習会を実施されました。
齋藤仁平師範
齋藤仁平師範は故齋藤守弘師範のご子息であり、子供の頃は合気道開祖に、開祖亡き後は齋藤先生について修行され岩間の伝統を守り開祖の合気道を伝承されている先生で、日本並びに海外で幅広く合気道を指導されています。 開祖の合気道を伝承されていた故斎藤守弘先生開祖亡き後、守弘先生と共に合気神社及び合気修練道場をお護りされていました。
2004年には合気会から離れ、伝統岩間流合気道 (岩間神信合氣修練会)を設立され
ました。
平成15年から大阪での合気道講習会を実施されています。
合気道大阪講習会
毎年、齋藤仁平師範をお招きして、大阪で合気道講習会を実施しております。
道場紹介
大阪合氣修練道場は茨城県岩間の残された開祖の合気道を伝承されている齋藤仁平師範の門下の
大阪地区及び兵庫地区での合気道道場で齋藤先生の教えを守り開祖の合気道(体術・剣・杖)を研鑽しています。
平成10年から岩間で4年間を内弟子として修行し、齋藤守弘先生の日本人最後の内弟子として修業内弟子として修行しました。
初心者の方も最初から武器技(剣・杖)を稽古いたします。
岩間の内弟子時代及び 合気道開祖と齋藤師範・仁平師範の紹介もあります。
稽古場所
大阪地区( 大阪市鶴見 ・ 大阪市阿倍野 ・ 守口 ・ 門真 ・ 寝屋川 )及び兵庫地区 ( 川西 ・ 尼崎)の 稽古場所です
稽古風景
大阪地区( 大阪市鶴見 ・ 大阪市阿倍野 ・ 守口 ・ 門真 ・ 寝屋川 )及び兵庫地区( 川西・ 尼崎)の
稽古風景です。 
稽古予定表
大阪合氣修練道場の当月及び翌月の稽古予定表です。
合気道演武大会
大阪合氣修練道場の演武大会の風景です。
合宿及び合同稽古
大阪合氣修練道場の合気道合宿及び 合気道合同稽古の風景です。
護身術講習会
大阪市より毎年依頼を受け女子及び中学生を中心に護身術の講習会を実施しています
武器技
合気道の剣対杖・組太刀・組杖の画像もあります。
リンク(伝統岩間流関係)
茨城県岩間に残された開祖の合気道(伝統岩間流合気道)を研鑽されている道場の紹介です
お問い合わせ
大阪合氣修練道場への連絡先です。体験(無料)できますのでご連絡下さい。
合気道演武大会

合気道大阪講習会