合気道開祖











合気道創始者(開祖)である植芝盛平翁は和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(現田辺市)出身で、幼いころから武道に励み日本伝統の武術の奥義を究め、厳しい修行を経て術から
合気道へと発展され、戦時中に茨城県岩間町に合気神社・合氣修練道場を建立し、戦後岩間で合気道を完成されました。この完成された技は「武産合氣」と名付けられました。

●昭和35年紫綬褒章を受章
●昭和39年勲四等旭日小綬賞を受賞
●昭和44年没後正五位勲三等瑞宝章を受章


トツプペ-ジ  合気道  合気道開祖  合気道技術書「武道」 合気道大阪講習会  道場紹介  稽古場所
稽古予定表  稽古風景   演武会 合同稽古  合宿  護身術講習会